【ここにいるよ】稽古日記【理緒】

【毛皮人間】ルリ役/理緒
【毛皮人間】ルリ役/理緒

みなさまどうもこんにちはこんばんは!

演劇集団LGBTI東京の理緒です!


本日から劇団員がブログを週替わりで更新していくということで…

学生時代大好きだった交換日記やお手紙交換みたいでテンションが上がっております!カキカキ_〆(。。)


今日は11月に公演を予定している「ここにいるよ」 についてお話をしたいと思います。


「ここにいるよ」 は、まだわたしが劇団に入って間もない頃、動画で拝見させていただいた作品です。

ナナさん演じる自分自身のセクシュアリティで悩むあーこが主人公で、小住さんが脚本、演出をなさっています。



【写真1】
【写真1】

【写真1】

左:桜井まゆさん 右:ナナさん

私の好きなシーンのひとつです\(^o^)/


わたしは正直、今まで自分のセクシュアリティに真剣に悩んだ事はありませんでした。

それでも、あーこの気持ちや沢山の台詞に胸が痛くなって泣きました。

そしていてもたっても居られなくなって、小住さんに長文のLINEを送ったのを覚えています…(笑)


見ればわかる、迷惑なオタクや!!


(1番初めのブログだし真面目にいこうと思いましたが無理でしたごめんなさい。)


その作品に、まさか自分が出演出来るなんて思ってもみなかったのでまだふわふわしています…。



【写真2】
【写真2】

ふわふわした結果、こんな失態をしました。

【写真2】

さすがに自分でも大丈夫なん?って思いますこれは。ヤバい。


そんなハプニング(?)もありましたが無事着々と稽古も進んでおりまして、

今までの稽古の振り返りをひとことで言うと、

自分の力量不足で悔しい!!!

です!(T-T )( T-T)


その悔しさをバネにしてステップアップ出来たらいいなと思っています。


今まで地元で舞台をしていた頃は技術面ではアドバイスをいただいたことは沢山あるのですが、役に入る上での気持ちの面でのアドバイス等は滅多にいただいたことがなかったので、

今回劇団員の先輩方のアドバイスひとつひとつが新鮮で大切にしたいことばかりで嬉しいです。


とても笑えて、泣けて、そして考えさせられる「ここにいるよ」。


セクシャルマイノリティの当事者の方、セクシャルマイノリティのこと名前は聞いた事あるけど詳しくは知らないな?って方、LGBTなんて周りにいないよ。って方。


沢山の人に見ていただきたい作品です。


是非見に来てください!!\(^o^)/


詳しくはこちら


講演会やトークイベント、自主制作映画「進路」の上映会もあるので興味のある方は合わせて予約してね(⌒▽⌒)




理緒(^^♪